横浜銀行を知りたい人へ

横浜銀行を知りたい人へ

ペイオフの予備知識

Template Design by
Free Website Templates

ペイオフの予備知識

ペイオフの問題点

預金保険法では預金および口座のことを個別に取り扱うことはありません。その代りに「預金債権」と呼んで取り扱います。預金債権とは、普通預金や定期預金の口座のように、取引をしているか、通帳があるかに関係なく金融機関に対して生じる債権のすべてを指して呼ばれます。預金債権の判断材料は取引の有無や通帳の有無ではなく、法律上、債権や債務関係が生じているか、ということになります。なので、貸付金や納税の振込、振替のために一時的に保護対象のすべての預金債権の総額が1000万円を超えてしまうこともあり得てしまうのです。

そもそも、預金保険における預金者の定義は「権利能力なき社団、財団」とされています。預金保険機構の見解としては、以下の要件を満たす場合と示しています。

さらに、該当の判断は破たんしてしまった金融機関が個別に行っています。該当しないと判断されると、預金債権は代表者または構成員のものになります。代表や構成員の預金債権になったとき、合算されて1000万円を超えてしまう場合もあるのです。

明日は我が身かもしれない、と可能性を想定してみることが大切です。

Copyright 2014 横浜銀行を知りたい人へ All Rights Reserved.