横浜銀行を知りたい人へ

横浜銀行を知りたい人へ

ペイオフの予備知識

Template Design by
Free Website Templates

横浜銀行を知りたい人へ

手数料について

横浜銀行における手数料の中でも、とりわけATMの利用手数料と振り込み手数料について見ていきます。

横浜銀行のATMは基本的に24時間利用可能となっているところが多くあります。場所によっては例外もありますので実際に利用する際にはそれぞれのATMについての利用可能時間を確認する必要がありますが、ここでは24時間利用ができるものとして考えていきます。

まず、現金の引き出しをする場合、かかる手数料は平日の8:45〜18:00の間では無料、その他の時間帯では105円が必要となります。土日祝日では、終日105円の手数料が必要です。現金の預け入れをする場合に必要な手数料は、平日は終日無料、土日祝日は105円となっています。横浜銀行のATMにおいて現金の入出金を行う場合には、平日を利用した方が手数料をかけずに済むようです。

また、振り込みをする際に必要な手数料は、横浜銀行の窓口において振り込み手続きを行う場合には、その振り込み先が同じ横浜銀行で、振り込み金額が3万円未満の場合には315円、3万円以上の場合には525円の手数料が必要です。振り込み先が横浜銀行以外の場合には、金額が3万円未満で630円、3万円以上で840円の手数料が必要となります。

ATMを利用して振り込み手続きをする場合には、窓口での手数料よりも少し安くなり、またキャッシュカードから振り込みをする場合と現金で振り込みをする場合とで手数料が異なっています。ATMで、キャッシュカードを使って振り込みをする場合にかかる手数料は、振り込み先が横浜銀行の同一支店であれば金額に関わらず振込み手数料は無料です。また他店宛ての場合でも金額が3万円未満で105円、3万円以上で210円とお得になります。他行宛ての場合には、金額が3万円未満で262円、3万円以上で420円の手数料となります。

ATMで現金を用いて振り込み手続きをする場合には、振り込み先が横浜銀行で振り込み金額が3万円未満の場合に210円、3万円以上の場合には315円の手数料となります。振り込み先が横浜銀行以外の場合には、金額が3万円未満で420円、3万円以上で630円の手数料が必要です。

横浜銀行における主な手数料は以上のようになりますが、ATMで振り込みをする場合には、時間帯によっては振り込み手数料の他にATM利用手数料も必要となりますので注意が必要となるでしょう。

Copyright 2014 横浜銀行を知りたい人へ All Rights Reserved.