横浜銀行を知りたい人へ

横浜銀行を知りたい人へ

ペイオフの予備知識

Template Design by
Free Website Templates

横浜銀行を知りたい人へ

横浜銀行の店舗

日本において最大の地方銀行として日々業務を行っている横浜銀行ですが、その経営規模もさることながら店舗の数も非常に多いのが特徴的です。

横浜銀行の具体的な店舗数を見ていくと、2013年11月の時点では620もの店舗が存在しています。そのうちの大多数は本拠地である神奈川県内にありますが、横浜銀行の店舗は東京都内にも多数展開しています。特に神奈川県と隣接する町田市等に多く、東京都全体では全体の店舗数の1割程度に相当する68店舗を展開しています。

その他の店舗は大阪と名古屋に1店舗ずつ、そして横浜銀行の店舗展開の特徴として、本拠地からは少し離れた群馬県内に3つの支店を持っています。これは、明治時代に群馬県において盛んだった生糸生産の、貿易に関わる名残りとされています。

横浜銀行の店舗窓口営業時間は、ほとんどの店舗で9時から15時までと、一般的な銀行等金融機関における窓口営業時間と同様となっています。ただし、ATMについては平日で7:45~21:00、土日祝日で9:00~21:00の間で利用することができるため、現金の入出金や振り込みについては比較的長い時間行うことができるようです。

土日祝日でも店舗における営業を行っているのは、横浜銀行においては全国で2店舗あります。ひとつは玉川にある玉川コンサルティングプラザ、もうひとつは湘南にある湘南シークロス支店です。これらの店舗においては土日祝日に相談業務を行っているため、平日にまとまった時間をとってお金に関する相談をすることができない人にとっては非常に利用価値のあるものです。営業時間は玉川が10:00~17:00、湘南においては10:00~18:00となっています。また平日にもそれぞれ玉川が17時まで、湘南は18時まで窓口において相談業務を行っています。

横浜銀行の店舗の特徴としては、車いす等障害を持つ人でも快適に銀行サービスを受けられるような工夫がなされていることが挙げられますが、その中のひとつとして視覚障害を持つ人が窓口において振り込み手続きをする場合、その手数料をATM利用時と同額に引き下げるという措置もとっています。

横浜銀行の店舗については以上のようになっています。

Copyright 2014 横浜銀行を知りたい人へ All Rights Reserved.